山口県ドライブ3日目

7時半起床。温泉は10時からだがそれまで待ってるつもりもないので出発。
国道を北上し龍宮の潮吹を目指すが途中で絶景の展望という言葉に釣られて千畳敷へ先に行くことに決定。看板の案内に従って細い道を入るとこれが極細道。対向車が来ないかビクビクしながら数キロ進むと千畳敷に到着。風力発電の風車が2基見えるのと広場と駐車場しか見えない。何が千畳敷かわからないが車を降りて少し登ると海が見える展望があり。景色は確かに良い。時間が早いこともあり、人がほとんどいないことも良し。ただ風がやたら強い。
千畳敷 千畳敷から望む


違う道で分かれ道まで戻り、龍宮の潮吹をまた目指す。すぐ近くで5台ほどの駐車場があり、まだ新しい木で組まれた展望台がある。そこから海に突き出した岩を歩くことができる。勢いがあるときは30mほど潮が吹き出すらしいが、このときは全く潮は吹かず残念。でも景色は良好。
龍宮の潮吹
次は東にある青海島へ。島の奥まで行くと鯨博物館がある。特に興味は無いが、そこから民家を抜けて少し歩くと鯨のお墓がある。ちょっと珍しいところ。
鯨のお墓
この島には夏蜜柑の原樹もある。せっかくなのでこちらも見て行くことにする。車を停めてやはり民家を間を少し歩くと、普通の家の庭に原樹発見。天然記念物にも指定されていることを知り余計に民家の庭にあることに違和感を覚える。
夏蜜柑の原樹
湯免温泉に立ち寄り汗を流してから萩反射炉へ。反射炉とは熱を反射させて鉄を溶かす施設。多分。
案内を読むと現存する反射炉はここと韮山の2箇所だけらしい。韮山は8月に行ったばっかり。
https://yassu.jp/blog/?p=11
階段を少し登ると反射炉はすぐ。反射炉前は台風の被害か木が数本倒れたままで放置状態。ここまで走った間にも瓦を修理したりしている光景を良く見かけた。
萩反射炉
ここから少し北上し笠山へ。火山としては世界一小さいとのこと。公園になっており普段は歩いて火口も見れるらしいが、台風の被害により土砂崩れで近くまでは行けず残念。
規模はちょっとした丘程度。
笠山火口
展望台があるのでそこからは海を見渡すことができる。周辺には島が点在しているのでちょっと面白い景色を楽しむことができる。
笠山から望む
ふもとには明神池があり風穴も見ることができるらしいが駐車場が有料なのでパス。この時すでに昼13時を回っていたので岐路につくことにする。
素直に高速道路で帰る気にはならなかったので、海岸沿いを北上しできる限り下道で帰ることを決意。少し走ると道の駅阿武町がある。看板には道の駅発祥の駅とある。思わず車を停めて写真撮影。
道の駅発祥の駅
下道で走ったのは米子まで。そこからは高速道路でひたすら走る。途中晩飯を食べたあたりから眠たくなり兵庫県に入ったところで寝てしまう。
次に起きたときにはすでに翌日1時過ぎ。結局家に着いたのは2時半。2日間の休みでちょっと無謀だったが充実した休日になりました。
本州最東端の目標もできたので次は先月断念した東北ドライブだな。
その前に来週栃木であるもてぎGPに行かなくちゃ。
走行距離 681.3km
総走行距離 1419.8km
デミオで最高燃費15.49km/l出ました(^o^)v

カテゴリー: 中国四国   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">