道の駅全制覇 三重・愛知・静岡・長野県編 3日目

道の駅掛川で起床。ここはコンビニエンスストアが併設されており、スタンプは24時間押すことができます。
道の駅掛川


道の駅を回るときはだいたい18時頃に閉まってしまうので、就寝は早い時で21時くらいには寝てしまいます。すると当然目覚める時間は早くなるわけで、営業が始まる時間までの時間つぶしは主に読書になります。
朝は比較的涼しいので、外のベンチなどで読んでいると快適です。この掛川では休憩所が24時間開放されており、冷房も効いているので、非常に快適に読書ができました。
営業時間開始と同時に記念きっぷをゲットして、昨日温泉に入った道の駅川根温泉へと再び向かいます。開館12周年記念の記念きっぷもいただき、さらに北上。道の駅フォーレなかかわね茶茗舘をクリアし、道の駅奥大井音戯の郷へ。すぐ横には千頭駅があり、SLが停車しているのを発見。大井川鐵道では予約することでSLに乗ることができるみたいです。
道の駅の駐車場に車を停めて、SLを写真に収めるべくダッシュ。出発直前でなんとか収めることができました。
大井川鐵道 SL
得した気分で、次の道の駅玉露の里へは1時間半ほど。記念きっぷが販売されているのは駐車場から離れた瓢月亭。今日もうだるような暑さの中を歩いてようやくゲット。この暑さはなんとかならんもんでしょうか。
道の駅宇津ノ谷峠は上りと下りの2箇所になります。スタンプラリーでも2箇所の扱いとなり、スタンプの種類も異なります。カウント上ではクリアは1つです。記念きっぷが販売されているのは上り側のみ。
国道1号線に入り、富士山方面へ走ります。天気は曇りで残念ながら富士山を拝むことはできず。
一旦1号線を離れて、道の駅富士川楽座をクリアし、1号線に戻って近くにある道の駅富士をクリア。
ここからは南へ走り、伊豆半島へ入ります。道の駅伊豆のへそに到着は18時。すでに閉まっていてスタンプは押せませんでしたが、記念きっぷは伊豆洋らんパークのファンシーショップで購入することができました。
ここで一泊しようかとも思いましたが、調べてみると伊豆半島の西にある道の駅伊東マリンタウンには温泉があり、記念きっぷもそこで販売されているようなので、間に合いそう。そこで温泉に入って、今日のうちに南端の道の駅開国下田みなとに辿りつければ、明日はそこから北上しながらクリアできるという算段です。
県道19号を西へ走り、まずは道の駅伊東マリンタウンへ。下り坂に入ると、ジェットコースターのような道。たぶんバイクで上り側を走ると相当楽しそうです。到着は18時40分でもう結構暗いです。温泉に入ろうとタオルなどを準備して行ってみると休日料金らしく1,500円。高い!仮眠するわけでも無く、温泉に入るだけで1,500円は払う気にはなれないので、スタンプと記念きっぷをゲットして温泉は断念。
今夜の宿となる道の駅開国下田みなとまではひたすら走り到着は20時過ぎ。海沿いなので、風があり、暑さは多少マシです。
今日のクリアは9駅。残りは862駅です。
走行距離 290km

カテゴリー: 道の駅   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">