歴史街道スタンプラリー名張編

三重県名張市はスタンプが隠れスタンプを含めて5つ集中している狙いどころ。
信楽を経由して夏見廃寺展示館へ。前回は場所が分からずに見つけたのは閉館後だったので今回はリベンジになる。ここは名張のスタンプがあるが、もう一つ夏見廃寺跡のスタンプもある。1つの場所で2回おいしいところ。
夏見廃寺展示館


展示館の裏には廃寺跡が残っている。
夏見廃寺跡
江戸川乱歩生誕地のスタンプは近くにある名張市立図書館へ。受付に場違いな感じがするスタンプが設置してあり、それをゲット。近くに実際の江戸川乱歩の生誕の地があるのは以前より知っていて、小学生だった頃から少年探偵団シリーズはよく読んでいたこともあり、一度案内看板を頼りに探したがたどり着けなかった。一度は訪れてみたいところ。
どうして図書館にスタンプがあるのかと疑問だったがこの記事を書いていて気がついた。江戸川乱歩は推理小説を執筆する作家だったから図書館に置いてあるんだね。多分。
名張市立図書館
名張藤堂家邸跡も近くにあり、スタンプを押しに訪れる。ここは受付でお願いしてスタンプを出してもらう。教えてもらったスタンプは見てみるといつもと形が違う。丸い形で明らかに違う種類のスタンプだが、それしかないので押してみる。すると受付のおじさんが新目のスタンプを持ってきてくれた。時すでに遅し。スタンプ帳には違うスタンプを押してしまった・・・。
障子は適当に開けてくださいね。と言っておもむろにおじさんが障子を開けると結構手入れされた庭が広がっていた。それほど広くはないが趣がなかなかある庭。もう少し暖かくなれば気持ちいいだろう。
名張藤堂家邸跡 庭
ここまでですでに本日4個ゲット。昼飯を済ませて少し離れた名張市美旗市民センターへ。受付でお願いしてスタンプを出してもらい名張市最後の5つ目ゲット。
名張市美旗市民センター
やっぱりここまで来たなら江戸川乱歩生誕の地をひと目見てみたいと思い、案内看板があった場所をなんとなく思い出しながら走るがどうやら方向を間違えたらしい。明らかに違う場所に出てしまったので引き返すことをしない私はそのまま帰ることにする(^^;)
線路沿いの道を北上して走っていると変わった電車を発見。忍者が描かれている。過去にテレビ番組で見たことがある電車だったので追いかける。速度もそれほど出ていないので見事激写成功。他にも絵が異なる種類があったはず。
忍者電車 忍者電車

カテゴリー: 東海   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">