アメリカ横断ドライブ 8日目

キングスポートのホテルで6時に起床。
ホテルに付いている朝食を済ませて7時に出発。と、いきたいところが、目的地のダラス国際空港がナビで見つけられない!
買っておいた地図でダラスのスペルを調べて名称から検索してみるも見つからず。
正確にはワシントンダラスなので、ワシントンから検索してようやく発見。
今頃になって部分一致ではなくて前方一致でしか検索できないことに気が付きました。
やっぱりハーツのナビはイマイチ使いにくいです。
これで20分ほど浪費してようやく改めて出発。

ハーツのナビ

ひたすら東へ走っていましたが、ワシントンへ向け次第に北東方向へ走ることになります。

高速道路を少し説明すると、EXIT近くになると周辺のホテルやレストランなどが掲載された看板が出てくるので結構便利です。
速度制限は SPEED のように白地の看板で提示されています。

EXIT近くの看板 速度制限

途中の休憩所にはホテルのクーポンが載っている冊子がこんな感じで配布されています。

ホテルクーポン

移動中はFMを聴いて(流して)いましたが、周りに何もないところでもしっかり放送は受信できました。
チャンネル数も多かったです。
車の内装はこんな感じ。

運転席 オーディオ

昼食はDennys。

Dennys

5時間以上走って、レンタカー返却の時間には余裕があるので、空港手前20マイルくらいでチェーン店のtargetで買い物。

target

16時半頃なんとかハーツの営業所へ到着。
看板に誘導されて返却場所に車を停めると、おじさんが出てきてすぐに返却終了。
レシートをもらって完了です。
事故無く無事にここまで走って来ることが出来ました。
ありがとうレンタカー。

ハーツ

空港へは隣の建物からバスが出ていると言われたので、荷物を下ろしていると、兄ちゃん二人に話しかけられるも内容はさっぱり理解できず。
何故か乗ってきたレンタカーの後ろに乗れと言われるがままに乗せられ、兄ちゃんの運転で再び発進。
どうやらこのレンタカーで空港の出発ロビーまで送ってくれるようです。
バスの案内をされた後なので、これは通常のサービスで無いことは明らか。
ちょっと不安になりましたが、無事に目的のデルタ航空のカウンターまで送ってくれました。
なんといい人達。

チェックインはパスポートを読みこませるとパスが発行される仕組み。
荷物は別途1個25ドル請求されました。ムムム・・・。

ダラス国際空港

18時半頃に搭乗手続き開始。飛行機が小さい・・・。
近くに見えるコックピットでは機長さんが食事中。大丈夫かな。
機体もエジプトで国内移動した時以来の小ささです。

飛行機

飛行機が動き出してそろそろ離陸しようかと思われる頃に機内放送が流れてシートベルトのサインが消灯。
ん・・・?放送の内容はさっぱりわからず。
前の乗客と乗務員のおっちゃんと話している内容からして理由はわかりませんが、30分ほど遅れるそう。

結局30分ちょうど待って無事に離陸。ニューヨーク到着は20時半頃。
飛行機から降りて、バスに乗り込み空港内へ。

デルタのバス

事前に調べておいたホテルまでの移動手段ではバスから地下鉄を乗り継いで移動するつもりでしたが、スーツケースもあり、移動できる自信が無かったので、結局タクシー移動で済ませることに。

タクシー乗り場

タクシー乗り場で待っていると黒人の兄ちゃんのタクシーに。
ホテルのバウチャーを見せて移動開始。
走りだすと運転が荒いのなんの。スピードは出すわ、車間距離は短すぎで怖すぎ。
まともにマンハッタンの景色を楽しむ余裕はないまま、ホテルに到着。
クレジットカードで支払いができますが、チップは10%を渡すつもりが、選択できるのは20%から。
このチップの文化はなんとかならんものなんでしょうか。

日本で予約しておいたダウンタウンにあるマリオットホテルにチェックインを済ませ、無事に到着。
とりあえずこれで本日付でアメリカ横断ドライブは達成できたと言えるんではないでしょうか。

夕食をとろうとホテルの外に出て周りを眺めてみるも何も無さそうなので、ホテルに戻って夕食を済ませ一服。
久しぶりにゆっくり食事をしました。

夕食 夕食

明日はニューヨーク観光です。

カテゴリー: アメリカ横断ドライブ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">