シミュレーターや実機で確認するより、Safariを入れてUSER_AGENTを偽装する方が開発が楽チンだと思う。

Safari5.0.4の場合

[設定] - [詳細] - [メニューバーに開発メニューを表示]

[開発] - [ユーザエージェント] - [その他]

これでは起動の度に入力しないといけないので、面倒。

あらかじめリストに登録しておきたい

C:\Program Files\Safari\Safari.resources\UserAgents.plist ファイルの後半に追加

  <dict>
    <key>separator</key>
    <true/>
  </dict>
  <dict>
    <key>name</key>
    <string>SH-03C Adnroid</string>
    <key>version</key>
    <string>2.1</string>
    <key>platform</key>
    <string>Android</string>
    <key>user-agent</key>
    <string>User-Agent: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 2.1-update1; ja-jp; SH-03C Build/PA275) Apple WebKit/530.17 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile Safari/530.17</string>
  </dict>

ブラウザを再起動すればOK


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-30 (水) 17:49:53 (3062d)