インストール時に --with-java を付けるといいらしいが、ANT1.5以上が入っていなかったりしないといけないらしい
apache-ant-1.5.3-1-bin.tar.gzをゲット
http://ant.apache.org/

ビルド済みの postgresql.jar を取ってくる方法もあるらしい
http://jdbc.postgresql.org/download.html

ANTのインストール

# tar xvzf apache-ant-1.5.3-1-bin.tar.gz
# mv apache-ant-1.5.3 /usr/local/ant

PostgreSQLの再構築

データベースのバックアップは取っておきましょう

# su - postgres
$ vi .bashrc
export ANT_HOME=/usr/local/ant
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.2
export PATH=$PATH:$ANT_HOME/bin:$JAVA_HOME/bin
$ cd /usr/local/src/postgresql-7.3.2
$ make distclean
$ ./configure --with-perl --with-java --enable-syslog
$ make all
$ pg_ctl stop
$ make check
$ make install
$ rm -fr /usr/local/pgsql/data/*
$ initdb --encoding=EUC_JP --no-locale
$ pg_ctl -w start
$ createuser nobody
  n
  n

JDBC経由の接続はTCP/IP接続になるのでPostgreSQLをTCP/IP接続可能にする

$ vi /usr/local/pgsql/data/postgresql.conf
#tcpip_socket = false # コメントをはずしてtrueに変更
$ pg_ctl stop
$ pg_ctl -w start
$ exit
# vi ~/.bashrc
export CLASSPATH=/usr/local/pgsql/share/java/postgresql.jar:/usr/local/pgsql/share/java/postgresql-examples.jar
# source ~/.bashrc

test というデータベースを作成し、以下でエラーが出なければOK

# java example.basic jdbc:postgresql:test nobody ""

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-21 (月) 17:48:20 (4773d)