準備

pgbenchを利用

# su postgres
$ cd /usr/local/src/postgresql-8.1.2/contrib/pgbench/
$ make
$ make install

ベンチマーク用データベースを作成し、初期化

$ createdb benchtest
$ pgbench -i benchtest

ベンチマーク実施

$ pgbench benchtest
starting vacuum...end.
transaction type: TPC-B (sort of)
scaling factor: 1
number of clients: 1
number of transactions per client: 10
number of transactions actually processed: 10/10
tps = 482.741974 (including connections establishing)
tps = 545.375218 (excluding connections establishing)

デフォルトはクライアント数1、トランザクション数10でSELECT,INSERT,UPDATEが実行される
tpsは1秒間に処理可能なトランザクション数で数字が大きいほど性能が良いということ
2行の違いは接続の確立に要した時間を含むか含まないか

SELECTのみをクライアント数10、トランザクション数100とする場合は

$ pgbench -S -c 10 -t 100 benchtest

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-01-26 (木) 14:26:51 (4957d)