MRTGはインストールしておく

qmailmrtg7のインストール

http://inter7.com/qmailmrtg7/ から qmailmrtg7-3.4.tar.gz をゲット

# tar xvfz qmailmrtg7-3.4.tar.gz
# cd qmailmrtg7-3.4
# make
# make install

準備

公開用フォルダの作成

# mkdir /home/user/public_html/qmailmrtg

設定ファイル等のコピー

# cp qmail.mrtg.cfg /home/user/public_html/qmailmrtg/
# cp index.html /home/user/public_html/qmailmrtg/

index.htmlとqmail.mrtg.cfgファイル中のFQDN部分を書き換える qmail.mrtg.cfgを以下のように書き換える

WorkDir: /home/user/public_html/qmailmrtg
Target[smtp]: `/usr/local/bin/qmailmrtg7 t /var/log/smtpd`
Target[smtpad]: `/usr/local/bin/qmailmrtg7 a /var/log/smtpd`
Target[pop3]: `/usr/local/bin/qmailmrtg7 t /var/log/pop3d`
Target[pop3ad]: `/usr/local/bin/qmailmrtg7 a /var/log/pop3d`

実行

以下のコマンドを3回実行する最初の2回はいっぱいエラーが出るが無視

# /usr/bin/mrtg /home/user/public_html/qmailmrtg/qmail.mrtg.cfg

webアクセスしてグラフが表示されればOK

crontabで10分おきに実行するには

# crontab -e
0,10,20,30,40,50 * * * * /usr/bin/mrtg /home/user/public_html/qmailmrtg/qmail.mrtg.cfg 2>&1 > /dev/null

出力されるグラフは以下のとおり

  • Stats Messages 送受信メッセージ数
  • Local/Remote Concurrency qmail-local、qmail-remoteの起動数
  • SMTP Concurrency qmail-smtpdの起動数
  • SMTP Totals qmail-smtpdの起動総数
  • POP3 Concurrency qmail-pop3d起動数
  • POP3 Totals qmail-pop3d起動総数
  • Bytes Transfered データ受信量
  • Message Status 送受信に成功/失敗したメッセージの数
  • Queue Size queueにたまったメッセージの総数

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-21 (月) 18:22:12 (4956d)