Laravelめも

データベースの作成

必要に応じてデータベースとユーザーを作成します。
データベースの設定は .env ファイルに記述します。

テーブルの作成

データベースのテーブル作成にはマイグレーションを使用します。
以下のコマンドでマイグレーションファイルの雛形を生成します。

Laravelでは artisan コマンドを何かと多用します。

$ php artisan make:migration マイグレーション名

テーブルを作成する場合は --create オプションを指定

$ php artisan make:migration マイグレーション名 --create=sample

テーブルを編集する場合は --table オプションを指定

$ php artisan make:migration マイグレーション名 --table=sample

database/migrations/ 以下にファイルが生成されるので、これを編集します。
指定可能なカラムなどはドキュメントを参考にします。
Laravel 5.5 データベース:マイグレーション カラム

マイグレーションの実行は以下

$ php artisan migrate

最後に実行したマイグレーションを戻す場合は

$ php artisan migrate:rollback

状態を確認する場合は

$ php artisan migrate:status

モデル

Laravelにはモデルの置き場所がありません。
app/Models/ 以下に置くことにします。

atisanコマンドにてテーブル名を単数形でアッパーキャメルケースにて指定します。

$ php artisan make:model Models/Sample

ルーティング

アクセスされるURLと実行されるコントローラーとの紐づけを行います。

routes/web.php

Route::get('sample', 'SampleController@index');

コントローラー

artisanコマンドを実行することでベースとなるファイルを生成できます。

$ php artisan make:controller SmapleController

ファイルは以下に生成されます。

app/Http/Controllers/SampleController.php

ビュー

LaravelではBladeテンプレートというビューを使用します。

resources/views/sample.blade.php


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-06 (水) 18:13:32 (12d)