アプリケーションサーバーTomcatを利用してサーブレットとJSP(JavaServer Pages)を利用できるようにする

必要なもの

RedHatサーバー
Apache
JDK
Tomcat

JDKのインストール

RedHatはインストール済みでApacheはソースから1.3.26を入れているものとする

Java2SDK Standard Editionを適当なフォルダにダウンロードする
http://java.sun.com/j2se/1.4/ja/download.html

j2sdk-1_4_0_01-linux-i586-rpm.bin

# chmod a+x j2sdk-1_4_0_01-linux-i586-rpm.bin
# ./j2sdk-1_4_0_01-linux-i586-rpm.bin

ライセンス条件がずらずらと表示され、 Do you agree to the above license terms? [yes or no] と聞いてくるので yes と、rpmファイルが作成されるのでインストール

# rpm -ivh j2sdk-1_4_0_01-fcs-linux-i386.rpm

Tomcatのインストール

バイナリ版をダウンロードする http://jakarta.apache.org/builds/jakarta-tomcat/release/v3.3.1/bin/

jakarta-tomcat-3.3.1.tar.gz

# tar xvzf jakarta-tomcat-3.3.1.tar.gz -C /usr/local

ApacheからTomcatを利用できるように mod_jk.so をビルド

# cd /usr/local/jakarta-tomcat-3.3.1/native/mod_jk/apache1.3
# ./build-unix.sh

httpd.confに以下の一行を追加

Include "/usr/local/jakarta-tomcat-3.3.1/conf/auto/mod_jk.conf"

ログが標準出力されるので以下のように /usr/local/jakarta-tomcat-3.3.1/conf/server.xml ファイルを変更してファイルに書き出すようにする

<LogSetter name="tc_log" timestamps="true"
     verbosityLevel="INFORMATION" path="logs/tomcat.log" />

ユーザーディレクトリ /home/user の方でも動かしたい場合は以下のように追加する

ContextManager workDir="work" > の下に

<Context path="/user" docBase="/home/user/java" crossContext="false" debug="0" reloadable="true" />

これで http://home:8080/user/ にアクセスできるようになる

Javaへのパスを通すため .bashrc に追加してTomcatをスタート

# vi /root/.bashrc
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.0_01
# source ~/.bashrc
# /usr/local/jakarta-tomcat-3.3.1/bin/startup.sh -jkconf
# /usr/local/jakarta-tomcat-3.3.1/bin/startup.sh

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-21 (月) 17:33:13 (5017d)