PHPめも

Eclipseのインストール

以下からAll in One版が取得できます。
最新のバージョンをクリックし、インストールするOSのbit数に合ったPHPのFull Editionをダウンロードします。

http://mergedoc.osdn.jp/

ダウンロードしたzipファイルをC:\ドライブ直下に解凍。
pleiadesフォルダ内にeclipseとxamppのフォルダがあります。

XAMPP環境は使用しないので、eclipseフォルダ内のeclipse.exeで起動。

ワークスペースはvagrantで構築したフォルダを指定。
参考 VirtualBoxとVagrantで開発環境構築

コミット時に無視したいファイルを指定する

Smartyなどの使用時、templates_c内のキャッシュファイルなどは無視したい。
その場合は無視したいファイルを選択し、右クリックメニューから チーム - svn:ignoreに追加 で設定可能。
正規表現が使えるので、 *.tpl.php などとしておくと良い。

使えるショートカット

対応するカッコにジャンプする

Ctrl + Shift + p

接続ユーザーの変更方法

いくつかやり方があるようですが、方法3で目標を達成しました。

方法1

以下のフォルダを削除してEclipseを再起動する。

C:\Users\ユーザ\AppData\Roaming\Subversion\auth\svn.simple

方法2

以下のファイルを削除してEclipseを再起動する。

configuration/org.eclipse.core.runtime/.keyring

方法3

SVNリポジトリエクスプローラーを開き、該当のリポジトリーを右クリックし、ロケーションのプロパティーを選択。
一般タブの認証部分を変更。

保存時にタブだけの行が改行だけに変換される

var_dumpを書いて変数に何が入っているか確認したくなることが多々あります。
確認後にソースを戻したつもりでも何故かバージョン管理では更新されている表示になることがあります。
一人で開発しているとソースの書き方が統一されていいのですが、チームで開発しているとこれが面倒なことになったりします。
保存時にタブだけの行は末尾の空白を除去するというおせっかいな機能によるものが原因だとわかったので、以下の操作で自動変換しないようにしました。

ウインドウ - 設定 - 一般 - エディター - AnyEditツール - 自動変換

「末尾の空白を除去」のチェックをはずしてOK


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-08 (金) 19:06:25 (1167d)