Linuxめも

良く出てくる 『i386』 ってナンだ?

マシンに積んでいる石によって決まるみたいです

i38680386
i48680486
i586Pentium, MMX Pentium
i686Pentium Pro, PentiumII, PentiumIII, Celeron
?PentiumIV

積んでいる石を調べるには

$ uname -m

NICに複数のIPを割り当てる

# /sbin/ifconfig eth0:0 192.168.0.2 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.0.255

再起動しても有効にするには /etc/rc.d/rc.local に記述しておく

ポートスキャン

# nmap -sT localhost

Starting nmap 3.50 ( http://www.insecure.org/nmap/ ) at 2004-10-18 11:25 JST
Interesting ports on localhost.localdomain (127.0.0.1):
(The 1653 ports scanned but not shown below are in state: closed)
PORT    STATE SERVICE
21/tcp  open  ftp
22/tcp  open  ssh
25/tcp  open  smtp
80/tcp  open  http
110/tcp open  pop3
199/tcp open  smux

Nmap run completed -- 1 IP address (1 host up) scanned in 0.528 seconds

nmapが入っていない場合は以下でインストールします。

# yum install namp

シェルの切り替え

% chsh username
% /bin/csh

これで、次回のログイン時からcsh が使われることになります。確認してみると、

% grep username /etc/passwd
username:*:100:100::/home/username:/bin/csh

bashに戻すときは

% chsh username
% /bin/bash

analogインストール

# rpm -ivh analog-4.16-2.i386.rpm
# cp /home/httpd/cgi-bin/anlgform.pl /home/user/public_ html/anlgform.cgi
# cp /var/analog-4.16/lang/jpform.html /home/user/public_html/tool/
# cp -r /home/httpd/html/images/ /home/user/public_html/images
# chmod 0705 /home/user/public_html/anlgform.cgi
# chgrp -R user.user /home/user/public_html/*

[ソースからインストール] http://www.analog.cx/download.html

# tar xvzf analog-5.30.tar.gz
# cd analog-5.30/src
# make
# cd ..
# cp anlgform.pl /home/user/public_ html/anlgform.cgi
# cp -r ./images/ /home/user/public_html/images
# chmod 0705 /home/user/public_html/anlgform.cgi
# chgrp -R user.user /home/user/public_html/*

analog.cfgは http://www.jp.analog.cx/ からいただいて /etc/analog.cfg に保存

jpform.htmlの以下を修正

<!-- form action="/cgi-bin/anlgform.pl" method="POST" -->
↓
<form action="anlgform.cgi" method="POST">

項目設定

# vi /etc/analog.cfg
HOSTNAME "[your domain]"
LOGFILE /var/log/httpd/access_log

※hint analog.cfg以外での環境設定

input type=hidden name="CG" value="/etc/other1.cfg"> をjpform.htmlに追加

cronで動かすには analog.cfg に以下を追加

LANGUAGE JAPANESE-EUC
LANGFILE /usr/share/analog/lang/jpe.lng
DESCFILE /usr/share/analog/lang/jpedesc.txt
DOMAINSFILE /usr/share/analog/lang/jpedom.tab
# crontab -e
30 4 * * * /usr/bin/analog

検索語句の文字化けはpostanalogをかますといいみたい
http://i16.jp/soft/postanalog.htm

ユーザーごとの使用領域を調べる

# du -s /home/* | sort -nr

telnetでブラウジング

$ telnet example.com 80
Trying 211.14.15.5...
Connected to yahoo.co.jp.
Escape character is '^]'.
GET / HTTP/1.0[Enter]
Host: example.com
[Enter] 

HTTP/1.1 200 OK

以下ずらずら・・・・

コンソールで文字化けする

  • 解決方法1
    konを実行する
  • 解決方法2
    $ export LANG=en_US
    を実行する
    デフォルトの設定を変えるには /etc/sysconfig/i18n ファイルのLANGを変更する

kernelのアップグレード

# rpm -ivh kernel-2.4.20-20.8.i686.rpm (-Uvh or -Fvhではない)

LILOの場合

# vi /etc/lilo.conf

default を新たに入れたlabelに書き換え

# lilo

GRUBの場合

# vi /boot/grub/grub.conf
default=0

ホスト名を変更したいが再起動はしたくない

/etc/sysconfig/network を書き換えます。
再起動すれば反映されますが、再起動したくないときもあります。
その場合は

# hostname new.example.com

としてホスト名を書き換えます。
hostname コマンドで新しいホスト名になっているか確認します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-22 (木) 09:10:40 (792d)