quotaを利用します

fstabの編集

/etc/fstab を書き換えます

# vi /etc/fstab
LABEL=/    /    ext3    defaults             1 1
↓
LABEL=/    /    ext3    defaults,usrquota    1 1

マウントし直します

# mount -o remount /
# mount

usrquota が表示されていればOK

quotaデータファイルの設定

マウントポイントにaquota.userファイルを作成

# /sbin/quotacheck -augc
quotacheck: Cannot remount filesystem mounted on / read-only so counted values might not be right.
Please stop all programs writing to filesystem or use -m flag to force checking.

とか言われる場合は -m オプションを付ける

# /sbin/quotacheck -augcm
# /sbin/quotaon -av
/dev/hda2 [/home]: user quotas turned on

ユーザーuser1の容量制限 2MBの場合

# /usr/sbin/edquota user1
Disk quotas for user user1 (uid 500):
 Filesystem                   blocks       soft       hard     inodes      soft     hard
 /dev/hda2                       184       2048       2048         33        0        0

設定をuser2へコピー

# /usr/sbin/edquota -p user1 user2

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-20 (木) 17:57:29 (2830d)