[[EC-CUBEめも]]

*ソースのダウンロードと設置 [#l3d81caa]

無料の会員登録をしてソースをダウンロード
https://www.ec-cube.net/

unzip コマンドが使えない場合は入れます。

 # yum install unzip

 $ unzip eccube-3.0.x.zip

mcryptとAPCの利用が推奨されているようです。

 # yum install php-mcrypt --enablerepo=remi,remi-php56

APCはPHP5.5からは利用できないようです。

 # yum install php-pear --enablerepo=remi,remi-php56
 # yum install php-devel --enablerepo=remi,remi-php56
 # pecl install APC

PHP5.5以上は APCu と Zend OPcache を使うといいらしい。

 # yum install php-pecl-apcu --enablerepo=remi,remi-php56
 # yum install php-pecl-zendopcache --enablerepo=remi,remi-php56

*データベースの準備 MySQL [#h1eae847]

 $ mysql -u root
 mysql> create database eccube3_db default character set utf8;
 mysql> create user 'eccube3_db_user'@'localhost' identified by 'password';
 mysql> grant all on eccube3_db.* to 'eccube3_db_user'@'localhost';

*ブラウザでアクセスしセットアップ [#ede57d29]

ブラウザでアクセスして説明に従ってセットアップします。

セットアップ完了後は install.php ファイルを削除します。

 $ rm -f html/install.php

*管理画面にログインできない場合 [#f881cebf]

ログインしようとしても何もエラーメッセージが表示されずに再びログイン画面が表示される場合はセッション周りの設定が疑わしいです。

src\Eccube\Resource\config\session_handler.yml.dist ファイルをコピーして、app\config\eccube\session_handler.yml へ設置します。

 session_handler:
     enabled: true
 
     save_handler: files
     save_path: /tmp

*バージョン確認 [#z3f1e63f]

以下のファイルにEC-CUBEのバージョンが書かれています。

src/Eccube/Common/Constant.php

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS