NOAD Gitでバージョン管理

この記事は書きかけです。
外部サービスは使わずに自力でCentOS6系にGitサーバを構築してみます。

インストール

# yum install git git-deamon git-all

xinetdの設定

# vi /etc/xinetd.d/git
service git
{
        disable         = no
        socket_type     = stream
        wait            = no
        user            = nobody
        server          = /usr/libexec/git-core/git-daemon
        server_args     = --base-path=/var/lib/git --export-all --user-path=public_git --syslog --inetd --verbose
        log_on_failure  += USERID
}
# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart

リポジトリの作成

# cd /var/lib/git/
# mkdir -p public_git/test.git
# cd public_git/test.git
# git --bare init --shared

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS