携帯電話キャリア各社は送信ドメイン認証SPFレコードについて導入の案内を出しています。

-[[docomo:http://www.nttdocomo.co.jp/service/communication/imode_mail/notice/sender_id/]]
-[[au:http://www.au.kddi.com/service/email/support/chui/index.html]]
-[[SoftBank:http://tm.softbank.jp/business/news/071105.html]]

SPFに引っかかってそうなエラーメールも返ってきているので導入することにしました。~
やることはゾーンファイルに1行追加するだけです。

example.comドメインのメールをIPアドレス192.168.0.2からしか送信しない場合は
 example.com.        IN      TXT     "v=spf1 +ip4:192.168.0.2/32 ~all"

より強く表現する場合は
 example.com.        IN      TXT     "v=spf1 +ip4:192.168.0.2/32 -all"

また、送信しない場合は
 example.com.        IN      TXT     "v=spf1 -all"

確認は、下記のいずれかで出来ます。
 $ nslookup -q=txt example.com
 $ dig example.com txt

こちらでレコードを作成することもできます。~
http://www.microsoft.com/mscorp/safety/content/technologies/senderid/wizard/default.aspx

テストはこちらで行うことができます。~
https://dmarcian.com/spf-survey/

参考サイト~
[[送信ドメイン認証技術解説:http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/82senderid/sender103.html]]
#exlink

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS