プログラムソースの管理はSubversion+Tracで集中管理し、開発環境は各人のWindows環境でLinuxを走らせてみよう!という計画~
チェックアウトしたソースは自機のSamba共有した開発環境に直接落としてしまえば、他の開発者の影響を受けずに開発を進めることができる筈。FTPでいちいちアップする必要も無し ;)

#contents

** coLinuxのインストール [#we234acc]
http://www.colinux.org/

coLinux(Cooperative Linux - コーリナックス)を入れます。~
coLinuxは、Windows上で動作するようにパッチが当てられたLinuxカーネルと、Windows用のデバイスドライバからなっているそうです。

coLinux-0.6.4.exeをダウンロードしてインストール。
#ref(coLinux-install.gif)

ディストリビューションは別途インストールするので、「Root Filesystem image Download」のチェックははずす。

** CentOSのインストール [#r9882391]
http://www.geocities.jp/xmlinux2004/coLinux/colinux.html

coLinux用のインストーラーcoLinux-installer-20060925.zipをダウンロードして解凍。~
同じ場所にVine Linux3.2のstage2.imgを置いておく。~
http://ftp.kddilabs.jp/pub/Linux/packages/Vine/Vine-3.2/i386/Vine/base/stage2.img~

解凍した「coLinux-installer-20060925」フォルダをCドライブ直下に移動。

coLinux CentOS インストール.htaを起動。~
CentOSのCDを準備し、「DVD-ROM ディスクを使う」にチェック。~
ネットワーク設定は「設定例4」を使用し、DHCPとする。~
「coLinux 起動」ボタンを押下。~
あとは指示に従ってインストールを行なう。

** ネットワークの設定 [#e629301a]

WindowsとLinuxそれぞれにIPアドレスを割り当てるためにブリッジ接続を行なう。~
「ローカルエリア接続」と「ローカルエリア接続2」を同時に選択し、右クリックメニューから「ブリッジ接続」を選択。

** Sambaの共有設定 [#qee5d73b]

Sambaのユーザーを追加Linuxユーザーと同じIDとパスワードを設定

 # smbpasswd -a user

 # vi /etc/samba/smb.conf
 
 ; 接続制限
 hosts allow = 192.168.1. 127.
 
 ; プリンタは共有しない
 load printers = no
 
 ; パスワードは暗号化する
 encrypt passwords = yes
 
 ; SambaとUnixのパスワードを同期させる
 unix password sync = Yes
 
 # /etc/rc.d/init.d/smb restart

自動起動するようにしておく

** 共有フォルダにチェックアウト [#v86b6b35]

\\Colinux\user に対してチェックアウトすれば開発環境完成! :)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS