#contents
*ヘルプファイルを作成する [#o7bfae19]
Microsoftが提唱した規格でHTML Helpというのがあるそうです~
http://www.keiyu.com/

*URLやローカルhtmlをIEで開く [#j07659b9]
usesにShellAPIを追加

 procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
 begin
   ShellExecute(Handle, 'OPEN', 'http://yassu.no-ip.com/','', '', SW_SHOWNORMAL);
 end;
 
 procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
 begin
   ShellExecute(Handle,'OPEN',    PChar(ExtractFilePath(Application.ExeName)+'\help\index.html'),    '','',SW_SHOWNORMAL);
 end;

*Delphi7でQuickReportを使う [#vb48df1a]
「コンポーネント」→「パッケージのインストール」→「追加」

C:\Program Files\Borland\Delphi7\Bin\dclqrt70.bpl を選択


アプリケーションの二重起動を防止する
*アプリケーションの二重起動を防止する [#y265de53]
usesにWindowsを追加

var
  HWND, HAPP: THandle;
begin
  Application.Initialize;
  // メインウインドウを探す
  HWND := FindWindow(nil, 'アプリケーション');
  if (HWND <> 0) then
  begin
    // メインウインドウがある場合、アプリケーションのハンドルを取得
    HAPP := GetWindow(HWND, GW_OWNER);
    if (IsIconic(HAPP)) then
    // アイコン化されていた場合、元のサイズにする
    OpenIcon(HAPP);
    // 前面に移動
    SetForegroundWindow(HAPP);
  end
  else
  begin
    Application.Title := 'アプリケーション';
    Application.CreateForm(TForm1, Form1);
    Application.Run;
  end;
end.

QuickReport?で「レポートの保存」「レポート読み込み」ボタンを非表示にする
 var
   HWND, HAPP: THandle;
 begin
   Application.Initialize;
   // メインウインドウを探す
   HWND := FindWindow(nil, 'アプリケーション');
   if (HWND <> 0) then
   begin
     // メインウインドウがある場合、アプリケーションのハンドルを取得
     HAPP := GetWindow(HWND, GW_OWNER);
     if (IsIconic(HAPP)) then
     // アイコン化されていた場合、元のサイズにする
     OpenIcon(HAPP);
     // 前面に移動
     SetForegroundWindow(HAPP);
   end
   else
   begin
     Application.Title := 'アプリケーション';
     Application.CreateForm(TForm1, Form1);
     Application.Run;
   end;
 end.

*QuickReportで「レポートの保存」「レポート読み込み」ボタンを非表示にする [#k963bd8c]
C:\Program Files\Borland\Delphi7\Lib\Qrprev.dfm を以下変更する

object SaveReport: TToolButton
  Visible = false
object LoadReport: TToolButton
  Visible = false
object Separator4: TToolButton
  Visible = false
 object SaveReport: TToolButton
   Visible = false
 object LoadReport: TToolButton
   Visible = false
 object Separator4: TToolButton
   Visible = false
ソースを変更しないで実現するには → http://www.users.gr.jp/ml/archive/delphi/62520.asp


Window95 QuickReport?で「Image.Bitmapの読み込みエラー:ストリームからのImageList?データの読み込みに失敗しました」とエラーが出る
Comctl32.dllのバージョンが古いとダメみたい
*Window95 QuickReportで「Image.Bitmapの読み込みエラー:ストリームからのImageListデータの読み込みに失敗しました」とエラーが出る [#sa3520c6]
Comctl32.dllのバージョンが古いとダメみたい~
具体的には4.70だとダメだった

InternetExplorer5.01ServicePack2以上をインストールすると解決


SQL文の実行
uses DBTables;
procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  with TQuery.Create(Self) do
   begin
     DatabaseName := dmData.Table1.DatabaseName;
     Close;
     SQL.Clear;
     SQL.Add('SELECT Max(ID) FROM monitor.DB');
     Open;
     Button1.Caption := Fields[0].AsString;
     Free;
   end;
end;

Paradoxの型
記号 項目 項目幅 
A 文字型 1-255 
N 実数型 10-308 - 10308 
$ 金額型 小数点以下6桁まで 
S 整数型 -32767 - 32767 
I 倍長整数型 -2147483647 - 2147483647 
# BCD型 0-32 
D 日付型 紀元前9999年1月1日 - 西暦9999年12月31日 
T 時間型 午前0時からのミリ秒単位の時間 
@ 日付時間型  
M メモ型 1-240 
F 書式付きメモ型 0-240 
G グラフィック型 0-240 
O OLE型 0-240 
L 論理型  
+ カウンタ型  
B バイナリ型 0-240 
Y バイト型 1-255 
*SQL文の実行 [#g6900e34]
 uses DBTables;
 procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
 begin
   with TQuery.Create(Self) do
    begin
      DatabaseName := dmData.Table1.DatabaseName;
      Close;
      SQL.Clear;
      SQL.Add('SELECT Max(ID) FROM monitor.DB');
      Open;
      Button1.Caption := Fields[0].AsString;
      Free;
    end;
 end;


Paradoxを使ったソフトをWindowsXPで実行すると「ネットワークの初期化に失敗しました」とエラーが出る
*Paradoxの型 [#e5ed1ae2]
|~記号|~項目|~項目幅|
|A|文字型|1-255|
|N|実数型|10-308 - 10308|
|$|金額型|小数点以下6桁まで|
|S|整数型|-32767 - 32767|
|I|倍長整数型|-2147483647 - 2147483647|
|#|BCD型|0-32|
|D|日付型|紀元前9999年1月1日 - 西暦9999年12月31日|
|T|時間型|午前0時からのミリ秒単位の時間|
|@|日付時間型||
|M|メモ型|1-240|
|F|書式付きメモ型|0-240|
|G|グラフィック型|0-240|
|O|OLE型|0-240|
|L|論理型||
|+|カウンタ型||
|B|バイナリ型|0-240|
|Y|バイト型|1-255|

*Paradoxを使ったソフトをWindowsXPで実行すると「ネットワークの初期化に失敗しました」とエラーが出る [#tceff792]
権限の問題で起こるのでソフトを使用するユーザーをAdministrator権限で制限ユーザーから標準ユーザーにする



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS