Windows7 64bitにしたらcoLinuxは64bit環境には対応してない様子。
やり方はあるようだけど、面倒そうなので、VMwareに乗り換えてみます。

VMware Playerのインストール

こちらから VMware Player for Windows 32-bit and 64-bit ダウンロードします。
こちらからCentOS6.4のisoイメージ CentOS-6.4-x86_64-netinstall.iso をダウンロードします。

新規仮想マシンの作成
インストーラディスクイメージファイルで選択
OSの種類を検出できないと怒られるが次へ
Linux、CentOS64ビットを選択
仮想マシン名[CentOS6.4]場所は適当に選択
ディスク最大サイズは20GB
仮想ディスクは複数ファイルに分割するとパフォーマンスが低下する可能性があると脅されるので単一ファイルを選択

Installation MethodではURLを選択
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.4/os/x86_64/images/install.img
BasicServer -> 後でカスタマイズ

ネットワークの設定

ブリッジ接続でつなぎます。

ホストOS側の設定

コントロールパネル - ネットワークと共有センター

  • ローカルエリア接続
    VMware Bridge Protocol にチェック
    TCP/IPv4 IPアドレスを自動的に取得する
  • ワイヤレスネットワーク接続
    VMware Bridge Protocol のチェックは無し
    TCP/IPv4 IPアドレスを自動的に取得する
  • VMnet1
    VMware Bridge Protocol のチェックは無し
    TCP/IPv4 IPアドレスを自動的に取得する
  • VMnet8
    VMware Bridge Protocol のチェックは無し
    TCP/IPv4 IPアドレスを自動的に取得する

ポイントはVMware Bridge Protocolのチェックの有無

ゲストOS側の設定

仮想マシンの設定→ネットワークアダプタ は ブリッジ にチェック
物理ネットワーク接続の状態を複製にチェック

# vi /etc/resolv.conf

nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

# vi /etc/sysconfig/network

NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=colinux # ローカル内で使用するドメイン
GATEWAY=192.168.0.1 # ローカル接続のゲートウェイに合わせる

# vi /etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.0.23 # ローカル内で衝突しないIPアドレス
NETMASK=255.255.255.0

# /etc/rc.d/init.d/network restart

ホストからゲストへのssh接続

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts ファイルに変更の許可を与えて

192.168.0.23 colinux

を追加すると colinux でssh接続ができるようになり、http://colinux/ でブラウザからhttpアクセスができるようになる。

Sambaの設定

# yum install samba
# smbpasswd -a user // ユーザーuserの追加
# vi /etc/samba/smb.conf
hosts allow = 192.168.0. 127.

load printers = no

[homes]
  comment = Home Directories
  browseable = no
  writable = yes
  create mask = 0644
  directory mask = 0755

[home]
  comment = home
  path = /home
  browseable = yes
  writeable = yes
  create mask = 0644
  directory mask = 0755

\\192.168.0.23\home をネットワークドライブに割り当てればらくちん

SELinuxが有効だと何かとハマるので嫌い

# vi /etc/sysconfig/selinux

SELINUX=disabled

リブート要

別のパソコンへ移転

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1485562924

トラブルシューティング

ゲストOS環境を他のパソコンへ移転するとつながらない

Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization.

と表示されたら以下を試してみよう
MACアドレスが変わってしまったことが原因くさい

ifconfig -a

でeth0が無いことを確認

# vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

NAME="eth0" を NAME="eth1" へ書き換えて再起動

ifconfig -a でeth2のMACアドレスを控えて、さきほどのファイルのeth1をeth0に戻し、MACアドレス部分と、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 のMACアドレスを書き換える。

サーバを再起動して完了

Windows10にアップグレードしたらつながらない

以下の手順でVMware Bridge Protocolをインストールしたらつながりました。

スタートボタン右クリック - ネットワーク接続 - ローカルエリア接続 - プロパティ - インストール - サービス - VMware, Inc. - VMware Bridge Protocol


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-20 (土) 19:15:42 (1098d)