NFS(Network File System)とはリモートマシンのディスクパーティションを ローカルのハードディスクのようにマウント可能とするもの

必要なもの

/etc/rc.d/init.d/portmap start
/etc/rc.d/init.d/nfs start

サーバーの設定

/etc/exportsを編集

共有したいディレクトリ 許可するIPもしくはドメイン(オプション1,オプション2) 許可するIPもしくはドメイン(オプション1,オプション2)

/home/nfs を 192.168.0.2 から読み込みのみで共有する場合

/home/nfs 192.168.0.2(ro)

/etc/hosts.allow や /etc/hosts.deny の内容を必要に応じて書き換え

提供サービスの確認

$ /usr/sbin/rpcinfo -p

クライアントの設定

サーバーで設定したディレクトリに対してmountする

# /etc/rc.d/init.d/portmap start
# mkdir /mnt/nfs
# mount -t nfs -o rsize=4096,wsize=4096 192.168.0.2:/home/nfs /mnt/nfs

起動時にマウントするよう設定 netfsが立ち上がるようにしておく必要がある

# vi /etc/fstab
192.168.0.2:/home/nfs /mnt/nfs nfs rsize=4096,wsize=4096,hard 0 0

rsize,wsizeは1024の倍数である必要があるらしい
オプションではsoftとhardが指定できるがhardでないとファイルが壊れる可能性があるらしい
1個目の0はdumpコマンドによってバックアップする必要がないことを示すらしい
2個目の0はfsckコマンドでチェックする必要が無いことを示すらしい

参考ページ Linux NFS-HOWTO


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-21 (月) 18:30:19 (4954d)