Magentoめも

Magento2系のインストール

2016年12月現在でリリースされているバージョン2.1.3をインストールしてみます。
バージョン2.1.2以降をインストールするシステム要件はPHP5.5.x以上、MySQL5.7以上となります。

php.iniにてalways_populate_raw_post_dataの設定を -1 にしておきます。
PHP7系では削除されている機能です。

memory_limit は 756M 以上を指定しておきます。

CentOS6系ではMySQLが5.1なので、以下を参考に5.7を入れます。
CentOS6系でMySQL5.7を使用する

予め適当な名前で空のデータベースを作成しておきます。

以下からtar.gzファイルをダウンロードします。
サンプルデータ付きもあります。
https://magento.com/tech-resources/download

public_html以下に解凍し、varディレクトに書き込み権限を付与します。
トップページにアクセスするとセットアップ画面が表示されるので、表示に従ってセットアップを進めてインストール完了です。

完了後に表示される Encryption Key は大事っぽいです。
メモしておきましょう。
キーは app/etc/env.php の crypt['key'] に設定されています。
再インストール時などはここを合わせてやればOKです。

ブラウザでアクセスしてエラー画面が表示される場合は、pub/errors/local.xml.sample を pub/errors/local.xml にリネームすればエラー内容が表示されるようになります。

エラーが表示される

次のようなエラーメッセージが表示される場合、フォルダやファイルのパーミッションが問題かもしれません。

Your web server is set up incorrectly and allows unauthorized access to sensitive files. Please contact your hosting provider.

app/etc/ フォルダは 770、その中のファイルは 660 にすれば大丈夫かもしれません。

cronの設定

いろいろcronで走るようなので、設定しておきます。

# crontab -u apache -e
*/1 * * * * /usr/bin/php /home/magento/public_html/bin/magento cron:run | grep -v "Ran jobs by schedule" >> /home/magento/public_html/var/log/magento.cron.log
*/1 * * * * /usr/bin/php /home/magento/public_html/update/cron.php >> /home/magento/public_html/var/log/update.cron.log
*/1 * * * * /usr/bin/php /home/magento/public_html/bin/magento setup:cron:run >> /home/magento/public_html/var/log/setup.cron.log

Magento2のフォルダ構成

こちらにまとめられています。
ありがとうございます。
https://magento.flatz.jp/magento2%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%80%e6%a7%8b%e9%80%a0

ログのローテーション

logファイルは結構大きくなるので、ローテーション設定をしておきます。
週ごとに4世代残す場合。

# vi /etc/logrotate.d/magento
/home/magento/public_html/var/log/*.log {
  weekly
  rotate 4
  missingok
  compress
  copytruncate
  notifempty
  create 660 apache apache
}

動作確認は以下にて。

# /usr/sbin/logrotate -f /etc/logrotate.d/apache

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-22 (木) 10:36:47 (3d)