EC-CUBEめも

テンプレートのソースは src/Eccube/Resource/template/ 以下にあります。

カスタマイズする場合は app/template/ 以下に同じ構成で設置します。

項目名やエラーメッセージは以下のファイルに集約されています。

src/Eccube/Resource/locale/messages.ja.yaml
src/Eccube/Resource/locale/validators.ja.yaml

src以下は触らずにapp側で上書きしたい場合は以下のように1行追加します。

app/config/eccube/packages/translation.yaml

framework:
    default_locale: '%locale%'
    translator:
        paths:
            - '%kernel.project_dir%/src/Eccube/Resource/locale/'
            - '%kernel.project_dir%/app/Customize/Resource/locale/'
        fallbacks:
            - '%locale%'

あとは言語に応じて変更・追加分を以下のようなファイルに記述します。
app/Customize/Resource/locale/messages.ja.yaml

反映はキャッシュをクリアします。

$ bin/console cache:clear --no-warmup

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-16 (月) 11:09:18 (16d)