LISM(LDAP Identity Synchronization Manager)は、LDAP、リレーショナルデータベース、CSVファイルといった様々形式で管理されているID情報を、LDAPインターフェースを通して一元的に管理することができるオープンソースソフトウェアです。

OpenLDAPのインストール

すでにRPMで入っていればアンインストール

# rpm -e openldap-servers-2.2.13-7.4E openldap-clients-2.2.13-7.4E

openldap-2.2.13-7.4E は入っていてもOK

OpenLDAPのダウンロード
http://www.openldap.org/software/download/

# tar xvzf openldap-2.3.38.tgz
# cd openldap-2.3.38
# ./configure --prefix=/usr/local/lism --enable-perl --without-threads

configure: error: BDB/HDB: BerkeleyDB not available などとエラーが出たら db4-devel を入れるといいかも

# make depend
# make
# make install

Perlモジュール類のインストール

Net::LDAP

# yum install perl-LDAP

XML::Simple

# tar xvzf XML-Simple-2.18.tar.gz
# cd XML-Simple-2.18
# perl Makefile.PL
# make
# make test
# make install

Digest::SHA1

# tar xvzf Digest-SHA1-2.11.tar.gz
# cd Digest-SHA1-2.11
# perl Makefile.PL
# make
# make test
# make install

LISMのインストール

http://sourceforge.jp/projects/lism/files/

# tar xvzf LISM-2.1.0.tar.gz
# cd LISM-2.1.0
# perl Makefile.PL PREFIX=/usr/local/lism

設定ファイルの編集

# vi test.cfg
$LISM_SERVER = "/usr/local/lism/libexec/slapd"
$LDAP_SERVER = "/usr/local/lism/libexec/slapd"
# make
# make test
# make install

PHP-LISMのインストール

LDAPによりLISMのデータにアクセスするためのPHPライブラリ。通常のLDAPデータへのアクセスに対しても使用可能。

# pear install http://lism.sourceforge.jp/pear/LISM-1.0.0.tgz

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-18 (火) 13:54:48 (4288d)